嫌われる勇気

嫌われると聞いてどんなイメージが湧きますか?

嫌われる勇気ということは自ら嫌われていくという事ですよね。

そんなことわざわざ必要のかなってなりませんか。

今回も僕が読んだ本“嫌われる勇気”について書いていきます。

先日は僕が本読みをするきっかけとなった本“言葉があなたの人生を決める”を紹介しました。

あれ以来時間があればいろいろな本を読むようになりました。

そんな中でもこのタイトルにもあります“嫌われる勇気”という本。

タイトルがこれまた惹かれるものがあり購入してしまったんですね。

わざわざ嫌われるような事するの?っていうのが正直な気持ちでした。

ただベストセラーというのもあり何か得れるものがあるかもしれませんよね?

自分自身、人間関係ってあまり上手な方ではないんですが、その部分ってそんなに問題視していなかったんです。

でも、この“成功する秘訣には共通点があった!?”にも書かせていただいたように

成功するためにはまず時間にフォーカスする必要があるんです。

その時間を上手く作るにはこの“人間関係”というのが深い関わりを持っています。

この本を読む前は人の機嫌や顔色、自分が嫌われないようにしようと、そんなことばかり考えていたんですね。

そうなってしまうと、仕事だけでなくプライベートな時間までもが自分ではなく他人の要素でどんどん支配されていきます。

誘われても断れない人の典型的なパターンですよね。

僕はまさにそんな状態に陥ってしまっていました。

誰かと接するのも相手主体になってしまい、疲れてしまうことも多く、知らない間にストレスも溜まってしまう。

悪循環

そんな悪循環にも気づかずに、毎日を過ごしていました。

自分にとっては世の中ってこれが当たり前なんだなとも思っていたんで、気づかなかったんです。

ただ成功しようというなら自分の中の常識とは違うフィールドに行かなければなりません。

今までの当たり前とはまた違う価値観で生きている人もいる。

じゃあ成功者の当たり前って一体どんなんだろうなとも思うようになっていました。

なので自ら嫌われるなんて信じられないようなこの本を手に取ってみたんです。

実際に読んではみたんですが、この本なかなか難しかったです。

ただ自ら嫌われに行くのではなく、あくまでも対人関係を良好にする本だという事が分かりました。

承認欲求の事や課題の分離、過去のトラウマなど、これもまた自分(読み手)にスポットを当てた内容だったんです。

中でも“課題の分離”については特に自分にとっては知れて良かったなと思いました。

“馬を水辺に連れていくことはできるが、水を呑ませることはできない”

このことわざを例に説明されていました。

自分の課題と相手の課題は別物であると。

自分が信じているかとか期待しているかとか、それと相手がどう動くかは関係のない事であるというような内容が書いてありました。

また相手のことを思ってのアドバイスもそれはあくまでも相手の課題であって、自分の課題にはならない。

というようなことも書いてありなるほどなっと思いながら読んでいました。

こういうことを知っていれば自分の接し方を変えることが出来ますよね。

相手がいて自分がいるとか、言葉では理解できるんですが実際に行動に移すとなるとやっぱり知識って大事なんだなと思います。

今までの悩みや起こった出来事なんかも読んでいるうちにどんどん解消されていきました。

他にも為になる内容がたくさん書いてあります。

どれもこれも僕にとってはこれからの人生において役立つものばかりで

少しずつでも人間関係が楽になっていく実感も湧いてきています。

まず最初は親子関係なんかが良い風に変わっていきました。

恥ずかしい話喧嘩なんかも結構多かったんですが、今はゼロに等しいほど喧嘩もしなくなり、それだけでなく、海外なんかに片道切符で遊びに行ったりもしています。

僕がいつも航空券を取ってあげています。

身近にいる人たちから関係性が良好になっていき、仕事で来て頂いている人たちにも伝わるのか、以前と見違えるほど来る人が増えてきました。

それもこの“嫌われる勇気”という本のおかげだと思っています。

別に経営者に限らず、サラリーマンの方や主婦さんどんな人でも読める本だと思いますので、是非手に取ってみてください。

必ず解決策が見つかると思いますよ。

amazon

何かの原因はまずに自分にあると思えるようにもなり、自然体で過ごせるようになると身も心も楽になるんですね。

それではまた。

投稿者: ぴーまん

はじめまして、昭和63年産まれのぴーまんと言います。 僕は今会社を設立し経営者として毎日を送っています。 そんな僕が今は不労所得って本当に存在するのか!?を本気で実現させるために日々勉強の毎日です。 目指せ不労所得!をテーマに今までのノウハウや良かった本、教材などシェアしていきたいと思いますので、働かずにお金稼ぎをしたいと思っている方は是非一読くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)