賢くお金を増やすには

こんにちは

年金崩壊と言われるようになってまだ間もないですね。

老後資金になんと2000万円が必要だとかなんとか。

また銀行預金は低金利すぎて預けていても増える事はありません。

そんな中で今注目を集めているのが個人でも出来る資産運用です。

今回はその資産運用について書いていきたいと思います。

資産運用とは

自分の資産を貯蓄・投資し効率的にその資産をさらに増やしていくことを言います。

つまりお金でもってさらにお金を増やすという事。

資産運用がなぜ必要

先にも述べましたが、老後資金2000万円問題が資産運用をする理由の1つです。

昔はそういう事をする必要はあまりありませんでした。

しかし今はいくら真面目に働いてコツコツお金を貯めたり、毎月の社会保険を支払ったとしてもそれに見合う見返りは期待できませんよね。

ですのでサラリーマンの方や主婦の方なんかは資産運用をする事が必須になってくると思います。

下記に投資の目的やタイプ別にまとめておきますので参考にしてみて下さい。

タイプ別資産運用スタイル

①インデックス運用

分かりやすい商品で投資を始めたい

将来のためにお金を増やしたい

簡単な仕組みのものがいい

という方なんかに向いてます。

インデックス運用とは、例えば基準価格が日経平均株価(日経225)といったインデックス(指数)と同じ値動きをするような運用を目指すファンドです。

②バランス型運用

リスクを抑えながら老後に備えたい

利回りの良い投資をしたいけど、リスクは抑えたい

老後に備えたい

という方に向いてます。

バランス型運用とは、値動きの異なる複数の投資対象に分散投資することで安定したパフォーマンスを目指すファンドです。

③ファンド運用

高いリターンも狙いたい

アルバイト代の一部で投資の勉強をしたい

リスクを取っても大きな成果に期待したい。

そんな方は国内外の株式で値上がり益を追求するファンドで運用するというものです。

④ターゲット・デート・ファンド

子どもの将来の教育費を貯めたい

子どもが一定の年齢になるまでに貯めておきたい。

ジュニアNISAを使ってみたい

という方に向いてます。

ライフサイクルファンドの一種類で、事前にある年(ターゲットイヤー)を定め、ターゲットイヤーが近づいてくるにつれて組み入れ資産の比率を変更する投資信託のこと。

⑤投資信託

一定の金額を低いリスクで堅実に貯めたい

預金よりも利回りの良いものがいい

そんな方には、公社債の比率が高い投資信託で運用しましょう。

投資信託とは、「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」のこと。

資産運用を始める前に

ここまで読んで資産運用なんて簡単すぐに出来そう誰にでも出来そうと思った方はちょっと待って下さい。

持っているお金をとにかく運用すれば増やせるなんて思ったら大間違いです。

上手く運用して始めてお金を増やす事が出来ます。

プラスマイナスゼロならばまだ傷は浅くて済みますが、マイナスだった場合はどうでしょうか。

そうなんです、資産運用という響きは良いのですが、美味しい話ばかりでは無いんですね。

ですのでより上手く運用する為の教材なんかもありますので参考にしてみて下さい。

知識ゼロでも資産運用が始められる!賢く増やす貯蓄セミナーDVD第2版

皆んな始めは知識ゼロです。

上手く結果を出したい人はやはり結果を出した人のアドバイスを聞くのがオススメですよね。

このDVDには

・お金が貯まっている人と貯まっていない人との違い

・効率良くお金を増やしたい人向けの「複利」商品の選び方

・外貨の活用方法

・税金が優遇される制度、NISAとイデコの活用方法

・リスクコントロール4つの鉄則

・今、選ぶべきおすすめの投資信託マストバイ

・証券会社の選び方

・イデコはどこの金融機関で加入するといいのか?

・旅行や車の買替え、マンションの頭金や子供の大学資金、老後資金など、貯める目的に応じた最適な貯め方

・その他すべての質問をディスク3に収録

などが収録されていてDVDは3枚組で、時間はトータルで238分です。

他にも特典付きです。

・セミナー当日に使用したテキストのPDF版(71ページ)

・リバランスの計算が自動で出来るエクセルツール

・イデコ、つみたてNISAの最新情報!(動画20分)

【DVD】50代から始める!老後貧乏にならないための一生使える資産運用術セミナー

ちょっと今からじゃ遅いのかなって方にはこちらがオススメです。

資産運用に年齢制限なんてありません。

何よりも今は人生100年時代です。

今が60代だとしても後40年以上はあります。

今の日本の銀行は低金利が続いています。

ですので銀行に預けるのみでは、大事な生活費を取り崩しながら生活するのも限界がありますよね。

それこそ老後貧乏まっしぐらになっしまいますので、そうならない為にもこちらのDVDを参考にしてみて下さい。

このDVDには

・50代から始めるには、どのタイプが良いのか

・外国に投資をするメリット

・投資信託の選び方

・信託報酬はいつ払うの?

・50代からの最適な分散投資の比率

・超便利!自動定額売却サービス

・一般NISA、つみたてNISA、イデコの基本

・つみたてNISAで分散投資をする方法

・イデコでいくら節税できるか計算するカンタンな方法

・イデコは何歳から受け取れるの?

・イデコのお得な受け取り方

・イデコとつみたてNISAはどちらがいい?

・退職金の受け取りは一括と分割、どちらがお得?

・会社員や公務員のイデコのお得な受取り方

・企業型確定拠出年金の商品選択は、元本保証型?投資信託?

・企業型確定拠出年金の投資信託の選び方と最適な比率

・保険の見直し

・見直しするなら、この医療保険がおすすめ!

・貯蓄型の保険、継続と解約どちらがいい?

・退職金の預け先を徹底検証

・安いときを狙って投資する方法が1番効果的なのではないか?

・新興国に投資しているがマイナス。このまま続けたほうがいい?

・金融機関が破綻したらどうなるか

・お亡くなりになったら投資信託はどうなる?

・相続したお金、投資するなら、一括と毎月引落しどちらがいい?

・いくら投資にまわしていいか計算する方法

・投資信託で利益が出たとき、所得税や社会保険料への影響は?

などオンライン動画とDVDの時間は、トータルで235分。

さらに特典として

・セミナーで使用するスライドを掲載したテキスト

・イデコの最新情報(動画7分46秒)

まとめ

今回は資産運用について書きました。

個人ですぐに始める事もできますが、時には危険な事も。

なぜなら以前書いたマネーリテラシーがあるか無いかが重要になってくるからです。

マネーリテラシーが低い場合、リスクというものが一体どれ程の物かも分かりませんし、資産運用をしようにも上手くお金を増やすことが出来ません。

その為、今回ご紹介した動画なんかを活用して先にお金や税の事を知っておくことをオススメします。

長くなりましたが一読いただきましてありがとうございます。

それではまた。

アイデアは、それを一心に求めてさえいれば必ず生まれる。〜チャップリン〜

投稿者: ぴーまん

はじめまして、昭和63年産まれのぴーまんと言います。 僕は今会社を設立し経営者として毎日を送っています。 そんな僕が今は不労所得って本当に存在するのか!?を本気で実現させるために日々勉強の毎日です。 目指せ不労所得!をテーマに今までのノウハウや良かった本、教材などシェアしていきたいと思いますので、働かずにお金稼ぎをしたいと思っている方は是非一読くださいませ。

「賢くお金を増やすには」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)